JZUG(Japan Zuora User Group)ユーザーコミュニティ

 View Only

Subscribed Weekly「台風の目。ネットフリックスはここからしか成長できない by Tien」

By Terue Hirai posted 20 days ago

  
Subscribed Weekly
EYE OF THE STORM: NETFLIX CAN ONLY GO UP FROM HERE
Zuora創業者兼CEO Tienのブログの抄訳をお届けします!

最近、Netflixが話題になっていますが、報道の内容からすれば、自ら道を踏み外し、消滅に向かっているのではないかと思うほどです。そんなバカな。昨年、私はNetflixが10億人のユーザーを獲得する最初のサブスクリプションサービスになる可能性があると述べました。そして、私は今でもその言葉を守っています。

なぜか?それは、私たちが話しているのがNetflixであることを忘れてはいけないからです。さて、話を戻しましょう。

確かに、Netflixはストリーミングメディア市場の大海原を航海しながら、いくつかの荒波を経験してきた。5月の1ヶ月間だけでも、Netflixは10年ぶりに20万人の加入者が減少したことを、様々な要因のせいにしています。ひとつは、ウクライナ紛争で、Netflixが連帯責任でロシア市場から撤退せざるを得なくなり、その結果、加入者市場を喪失したことです。もう一つの理由は、パスワード共有の増加である。Netflixは、1億のユーザーアカウントがNetflixにお金を払うことができるのに、代わりにパスワード共有をしていると推定しています。(もちろん、数年前にこの習慣をツイートした彼ら自身のせいでもあるのだが)。「アメリカの家庭の約3分の1は、他人のアカウントのパスワードを借りている」とNetflixのCEOであるReed Hastingsは言います。

もちろん、ディズニー、Hulu、パラマウント、HBOといった企業との競争が激化し、より独占的なコンテンツで加入者を誘い出すため、最終的には損失も生じています。しかし、Netflixの加入者数は2億700万人で、その層は国全体を構成するほど広く、まだまだ伸びしろがあるというのが実情だ。New York Timesはこう報じています。「Netflixの視聴者数はストリーミング配信事業者の中で最も多いが、米国内の全テレビ視聴者数に占める割合はわずか6.6%に過ぎません。

これは、他の誰にもない位置づけの強さを与えています。今後の加入者数は?今後も大丈夫でしょう。

第一に、人々は購読サービスの価値を過小評価し続けています。回復力とブランド・ロイヤリティは、サブスクリプション企業の最高の美点である。2011年にNetflixがDVDとストリーミングの料金プランの分割を無造作に発表して、80万人の加入者を失ったことがあることを忘れてはいけません。ネットフリックスは、このような荒波を乗り越えてきたのです。

第二に、Netflixは、価格とパッケージングを改善することで、より多くの成長を手に入れることができます。これは何も普通のことではありません。実は、Subscribed Instituteでは、「Journey to Usership」と題して、このことについて頻繁に議論しています。ビジネスを真のユーザーシップに変えるには、4つのコアステージがあります。この旅の第2段階である「最適化」の段階では、何がうまくいき、何がうまくいかないかを学ぶためにテストを行い、その洞察をビジネスに応用していきます。

現在、Netflixには3つの価格帯があり、すべて「品質」という1つの基準に基づいています。Netflixのプランは、非HDコンテンツが月額10ドルから、HDが月額15ドル、4K UHDが月額20ドルとなっています。しかし、Netflixが利用できる属性はもっとたくさんあるのです。例えば、共有アカウント数。また、従来の日曜版新聞がデジタル世界で大きくアンバンドリングされたように、コンテンツのサブセットをジャンル別、または再放送別にバンドルすることもできます。これは、電話会社や携帯電話のプロバイダーが、常に新しい料金プランを発表し、何が顧客の心をつかむかを探っているのと同じことです。

そしてもちろん、広告もあります。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、Netflixに広告付きのストリーミング層を導入することは、年内に予定されている動きです。では、広告付きの階層について、この騒ぎは何なのでしょうか?さて、あなたが何を考えているかはわかります:広告を避けること。そして、私は今でもそう思っています。しかし、Netflixには、他の企業にない利点があります。それは、すでにあなたの視聴習慣をすべて把握しており、たとえば一部のソーシャルメディアネットワークのように、ビジネスを支援するためにその情報を第三者に売買する必要がないことです。その代わりに、Netflixが所有する視聴者データは、世界を楽しませるという彼らのブランド精神にふさわしい形で、どの広告を表示すべきかについて、より良い洞察を与えるために使用することができます。

そして、Netflixは、広告ティアに関して、HuluやDisneyといった他の企業の後追いをしているだけだという考えを払拭しておきましょう。そうではありません。むしろ、これは市場の手頃なニーズを反映し、より柔軟に対応するための編成なのです。Netflixは広告を必要としない、定額制のサラブレッドであることを忘れてはいけません。しかし、実際のところ、広告付きの階層は、新しい顧客との関係をマネタイズし、会社にさらなる収益増をもたらすのに役立ちます。広告層の加入者は、Netflixがオリジナルコンテンツの取り組みを倍増させ、さらに供給するための収入源となります。

ここでも、Journey to Usershipにおける最適化が行われています。

Netflixは以前から、顧客から収集したデータを使って、より良い視聴の推奨を提供しています。ストレンジャー・シングス4』や『イカ娘』の次シーズンのように、より多くのオリジナルコンテンツへの投資に注力しながら、Netflixは品質、再生中の広告、そして最も重要な推奨コンテンツなど、ストリーミングに関する変数を試し続けることができます。これがうまくいけば、ロイヤリストを増やし、コンテンツを視聴者に合わせ、社会意識を新作に集中させることができます。では、このような勢いをどのようにマネタイズしているのでしょうか。Netflixは、すでに3カ国でパスワード共有料を試験的に導入し、失われた利益を取り戻そうとしています。このトライアルから得た知見をもとに、顧客を遠ざけることなく変更を加え、データの力をオリジナル番組への再投資につなぐことができます。

Netflixはまだこの荒波を航海しているかもしれませんが、すでに船首を旅先の波に向け始めているのです。ライバルサービスのスーパーヒーロー映画群が、果たして彼らを止めることができるでしょうか?Netflixには、まだ見ぬ創造的なエンターテインメントと加入者増加のための膨大な努力があります。たとえ成功しても、旧来の製品戦略を繰り返すことで加入者増を維持できるとは思えません。Netflixのわずかな落ち込みは、サブスクリプション・エコノミーで競争する際に、企業が常に足元を固めるよう注意を促すものです。Netflixは、業界全体にイノベーションをもたらし、階層化や家族共有プランなど、さらなるイノベーションの方法を模索し続けています。

10億人の加入者、ここにあり。

#SubscriptionEconomy #subscribedweekly #BestPractice
原文は、こちらのリンクよりご参照ください。​​​​​​​​​
0 comments
2 views