JZUG(Japan Zuora User Group)ユーザーコミュニティ

 View Only

クリエイターエコノミー

By Terue Hirai posted 07-01-2022 16:47

  
Subscribed Weekly
こちらのリンクTHE CREATOR ECONOMY:
Zuora創業者兼CEO Tienのブログの抄訳をお届けします!


サブスクリプション・エコノミー」という言葉を聞くと、ユーザーシップ、柔軟性、24時間365日のアクセス、そしてあらゆる人々の欲求にマッチしたサービスを成長させる余地など、何を想像するかよくわかるだろう。現在、多くの人が「クリエイターエコノミー」と呼んでいる、オンラインクリエイターが中間業者を介さずに創作物から収益を得ることを可能にするソフトウェアによる経済が、サブスクリプションエコノミーと密接に交差しており、かつてないほど急速に成長しているのです。実際、クリエイター・エコノミー全体の評価額は1,000億ドル規模の産業と推定されています。外から見ると複雑に見えるこの業界について、さらに深く掘り下げてみましょう。

最近、私はコンテンツ・クリエイター、ジャーナリスト、ZEOのステファン・エティエンを訪ね、Z世代とミレニアル世代がストリーミングや他の形のコンテンツ制作で何をしているのか、新しいクリエイター・エコノミーを加速させているのかについて詳しく聞いた。また、コンテンツ制作者のためのサブスクリプションの改善や、業界におけるサブスクリプションの正しい例と間違った例についても触れます。

以下は、私たちの会話の編集記録です。

ようこそ、ステファン。クリエイター・エコノミーと、それがサブスクリプション・エコノミーとどのように結びついているのかについてお話ししましょう。 しかし、まず、誰もがあなたのことを知り、Creator Economy を理解しているわけではありません。もう少し掘り下げてみましょう。クリエイターとは何でしょうか?今日のコンテンツクリエイターの原動力は何だと思いますか?

もちろんです、ティエン このQ&Aを開催していただき、ありがとうございます。

コンテンツクリエイターとは、デジタルメディアを使って情報(音声、映像、テキスト)を提供する人のことです。YouTuber、Twitchストリーマー、Spotifyポッドキャスター、Substackライターなど、これらはすべてコンテンツクリエイターの一例です。

成功するコンテンツクリエイターは、自分が作りたいもの、視聴者が見たいもの、そして現実的に継続的に提供できるもののバランスをうまく取っていると思います。結局のところ、彼らは皆、見てもらいたいし、聞いてもらいたいのです。私は、これらの条件をすべて満たすために、クリエイティブなプロセスを楽しむことを常に心がけています。そうすることで、困難なプロジェクトやアイデアをやり遂げるための後押しになるのです。

あなたについて、そしてあなたの仕事について、少し教えてください。何歳から始めたのですか?どうして普通の技術職ではないのですか?

公式には、12歳のときに技術やハードウェアについて書き始めました。当時は、LaptopMemoという、当時としては珍しいティーンエイジャーが感心するような技術ブログを作ることだけに集中していました。私は、コードやさまざまなCMSプラットフォームを学んだり、さまざまなジャーナリストにメールを送ったりして、すぐに仕事を覚えました。執筆を始めて1年も経たないうちに、私はレビューユニット(企業やその広報がテストやレビューのために提供するハードウェア)を受け取るようになりました。それから数年後、Apple、Google、Dell、Microsoftなど、あらゆる大手テクノロジー企業と仕事をするようになり、私は出版社で働くことを決意しました。

しかし、出版社で働くということは、プロとしての経験は素晴らしいけれども、記事の優先順位は4番目か5番目になってしまうということにすぐに気づきました。LaptopMemoの運営では、生え抜きの代表として、その代わりに私が1番手になっていました。そこで、ソーシャル・エクイティ(社会的公正)の重要性を痛感しました。そして、クリエイターが力を発揮するのは、自分たちを支えるだけの強固なプラットフォームを構築したときだと思いました。

現在も執筆活動は続けていますが、Twitchチャンネルでゲームのストリーミング配信をしたり、最近の技術的な出来事について話したりと、より多くのコンテンツ制作を行っています。正直なところ、多くのコンテンツクリエイターはお金のためにやっているのですが、僕にとっては2つの重要なことに集約されます。1つ目は、新しい技術を学び、使い、語ることが好きだからです。2つ目は、オリジナルのコンテンツを作るというコンセプトが、私にとって楽しく、やりがいのあるものであるということです。

クリエイター(ストリーマーも含む)が今、最も注目していることは何でしょうか?確かに、私はあまりTwitchを見ませんね。今、コンテンツクリエイターはどのような動きをしていますか(Z世代が言うように)?人々は力を合わせているのでしょうか、それとも一匹狼になっているのでしょうか?

今は、マネタイズと、YouTubeやTwitchのようなサイトに組み込まれている広告プラットフォームの検閲を回避することでしょう。コンテンツ制作者は、この問題を回避するために、さまざまな実験を行っています。例えば、ストリーミングやエピソード形式のコンテンツを制作している場合、YouTubeとTwitchで放送を分け、最も多くの視聴者に届くようにし、その後、Patreon、Fanhouse、OnlyFansなどの有料サービスで、コンテンツの長さ、検閲のない、または早期リリース版を提供しています。

このアプローチによって、最大の視聴者に到達することができ、また、視聴者を疎外することなく、毎月の購読料でコンテンツを直接収益化する機会を与えることができるのです。

一方、有名なTwitchストリーマーであるPokimaneがゲーマー向けタレント事務所RTSを設立したり、大坂なおみがLebron Jamesと組んでメディア会社を設立するなど、チームとしてメディアやタレントマネジメント会社全体を設立している人もいます。

サブスクリプションがクリエイティブエコノミーを向上させる方法(3つくらいかな)には、どのようなものがありますか?

今、コンテンツ制作の現場では、サブスクリプションがクリエイターにとって非常に有効な手段になっていると思います。サブスクリプションによって、クリエイターはオーディエンスと直接的な関係を築き、PatreonやOnlyfansといったサイトを通じて得た収益で、快適な生活を送ることができます。多くのファンを持つクリエイターが商品を作って販売する一方で、月額課金を利用して、お気に入りのコンテンツクリエイターとのビデオチャットやQ&A、マルチプレイヤーゲームへの参加など、ファン限定の体験を実現しているクリエイターもいます。

第二に、サブスクリプションは、クリエイターにコンテンツの実験と拡張を可能にする柔軟性を与えます。例えば、エピソード型のサブスクリプションでは、クリエイターは、1つのストーリーアーク、ストリーム、または体験を超えたコンテンツを試す機会を得ることができます。このようなストーリーアークは、特定のストーリーやキャラクターを目当てにした加入者(視聴者)を集めることができます。そうすれば、好きなクリエイターが参加しているシリーズを購読することができ、実際に興味のあるコンテンツのために彼らのチャンネル全体を見る必要はなくなると思います。

最後に、サブスクリプションは、コンテンツ・クリエイターに大きな自律性を与えるものだと思います。Twitchの収益分配率の低下OnlyFansのコア・オーディエンスへの逆襲、YouTubeの「嫌い」ボタンの削除など、プラットフォーム企業は、100万人以上のフォロワーを持つコンテンツクリエイターの要望や問い合わせをほとんど無視し続けています。

クリエイター専用のサブスクリプションがあれば、各コンテンツプラットフォームのコンテンツポリシーに従う代わりに、クリエイターの自由度をある程度取り戻すことができます。

コンテンツ制作の現場に入るのは、以前より難しくなったのでしょうか?

私の答えを説明しましょう。私が10年以上前に始めた頃と比べると?はい、難しいです。しかし、現在利用できる技術やサービスは、より使いやすく、多くの場合、無料で利用できます。視聴者を獲得し、維持するのは難しいかもしれませんが、以前より簡単に始められるようになったと思います。一夜にして成功したコンテンツ制作者は常に存在し、また、一度に1つの購読を獲得して頂点に向かう人々も存在します。

ステファン、お話ありがとうございました。あなたのような若い人たちが何をしているかを知り、またストリーミングに関するあらゆる見識を得ることができ、とても嬉しく思っています。

ありがとう、ティエン。あなたと話せてよかったです。それから、私のチャンネルを購読するのを忘れないでくださいね。

#SubscriptionEconomy #subscribedweekly #BestPractice
原文は、こちらのリンクよりご参照ください。​​​​​​​​​
0 comments
3 views