Blogs

Subscribed Weekly「CNNが2022年にD2Cストリーミング・チャンネル開設」

By Terue Hirai posted 07-30-2021 16:56

  
Subscribed Weekly - 2021/7/24版より
by 米ロサンゼルス・タイムズ紙スティーブン・バッタリオ

CNNは2022年の第1四半期に、同社初の独立した消費者向けストリーミングサービス開始

ワーナーメディアは月曜日、このサービスの名称を「CNN+」とすることを発表しました。サービス開始時には、1日8〜12時間のライブニュース番組を提供するほか、「アンソニー世界を駆ける」などのライブラリーにオンデマンドでアクセスできるようになります。このサービスの価格は明らかにされていません。

CNNは、ケーブルテレビや衛星放送の受信料に収益を大きく依存していますが、従来のテレビを見ない消費者が増えていることを受けて、ストリーミングの分野に参入します。CNNの主要チャンネルであるアンダーソン・クーパー、ジェイク・タッパー、ドン・レモン、エリン・バーネットのライブストリーミングは、現在ケーブルテレビに加入しているユーザーのみが視聴可能であり、CNN+の登場により今後もその状態が続く。

ケーブルニュースは、消費者が有料テレビに加入し続ける大きな理由となっている。しかし、アメリカでは毎月何十万もの世帯がケーブルテレビを解約しているので、ケーブルニュース会社の経営者たちは、自分たちの運営が時間稼ぎになっていることを知っている。なぜなら、ある時点で料金の値上げが加入者の減少を相殺できなくなるからだ。

CNN+は、ケーブルを持っていない若い消費者にCNNを見てもらうための手段となる。彼らの多くはすでにデジタル・ニュース・コンテンツとしてCNN.comを利用している。

ここ数ヶ月、CNNは新しいストリーミング・チャンネルで働くプロデューサーやオンエア・タレントの募集に奔走してきた。NBCニュースのワシントン特派員で長年キャスターを務めてきたケイシー・ハントが、このサービスに参加するために採用されたと報じられている。CNNは彼女との契約を発表していませんが、ハントは金曜日、早朝のMSNBC放送で視聴者に別れを告げました。

発表によると、CNNの現役タレントも同チャンネルに出演するとのことです。

ワーナーメディア・ニュース・アンド・スポーツの会長であり、CNNワールドワイドの社長であるジェフ・ザッカー氏は、声明の中で「かつてないほど強力なテレビ番組を提供し、今日も私たちの活動の中核をなしている上に、他の誰もやっていない方法でCNNブランドのリーチと範囲を拡大するストリーミング製品を消費者に提供します」と述べています。

CNN+は、CNNワールドワイドのチーフ・デジタル・オフィサーであるアンドリュー・モースが監督します。

CNNはこれまで、数十年にわたって成功を収めてきた伝統的なケーブルテレビの収益源を崩したくないという思いから、ストリーミングサービスへの参入には慎重を期してきました。ここ数年、CNNの利益は10億ドルを超えている。

ニュース番組の視聴者の大半を占める高齢者は依然として従来のテレビを見ていますが、企業は若年層がビデオコンテンツをオンラインで入手していることを認識しており、それに合わせて計画を立てています。

Fox News Mediaは、2018年11月に開始した「Fox Nation」というサブスクリプションサービスで、ストリーミングビジネスを構築しています。

この月額サービスでは、ニュースのライブ配信は行っていませんが、保守系ネットワークであるFox Newsのプライムタイムの人気ホストであるタッカー・カールソン、ショーン・ハニティ、ローラ・イングラハムが出演する番組を、ケーブルで放送された翌日にオンデマンドで提供しています。

また、「Fox Nation」では、Conservative Political Action Conference(保守派政治行動会議)などの特別なイベントをライブストリーミング配信しており、最近では、Fox Newsでトップの視聴率を誇るカールソンがホストを務めるオリジナル番組を新たに追加しました。

Fox Newsは、Fox Nationの加入者数や収益を明らかにしていません。しかし、このビジネスは明らかに、ケーブルの習慣が衰退していくことに対するヘッジである。

NBCユニバーサルは、ケーブルニュースネットワークMSNBCのタレントを起用した「ザ・チョイス」など、ニュースコンテンツを持つ複数のチャンネルをPeacockストリーミングサービスに投入しています。また、無料の広告付きライブニュースサービス「NBC News Now」も提供しています。しかし、同社はMSNBCの消費者向け直接放送版の計画を発表していない。

この記事は、Los Angeles TimesのStephen Battaglioが執筆したもので、Industry Diveパブリッシャーネットワークを通じてTribune Content Agencyから合法的にライセンスを受けています。ライセンスに関するご質問は legal@industrydive.com までお寄せください。


#SubscriptionEconomy 

原文は、こちらのリンクよりご参照ください。​​​​​​​​​
​​
0 comments
7 views