Blogs

Subscribed Weekly 「Airbnb-as-a-service: デジタルノマドと新時代の到来」

By Terue Hirai posted 08-29-2021 01:26

  
Subscribed Weekly - 2021/8/29版より

パンデミックから逃れるためにつま先立ちをする(あるいは全速力で走る、あなたの性格にもよりますが)とき、私たちの生活や仕事の仕方に与える影響が、長い間続くことは明らかです。毎日通勤しなければならないオフィスがなければ、ある種の労働者は好きな場所に店を構えて仕事をすることになるのではないでしょうか。春のパリ。春のパリ、秋のニューヨーク。冬はメキシコ。夏のハワイ。

このような現象を表す言葉として「デジタルノマド」という言葉がありますが、これは10年以上前から存在しており、パンデミックをきっかけに本格的に注目されるようになりました。デジタルノマドは従来、どこでも仕事ができるナレッジワーカーでした(ティム・フェリスのベストセラー「The Four-Hour Workweek」の愛読者でもありました)。しかし今では、パンデミックによってその概念が大きく広がり、ソロプレナーから完全なデジタルノマドの家族まで、デスクワークをするほとんどの人がリモートワークを選択できるようになりました。実際、Googleの報告によると、「デジタルノマド」という言葉を使った検索は、2019年1月の130万件から2021年4月には450万件以上に膨れ上がっています。

この分水嶺に合わせて驚くべき速さでピボットした企業は、ホスピタリティのディスラプターであるAirbnbです。そのためには、Airbnbが必要でした。2020年初頭にパンデミックが発生したとき、Airbnbのビジネスは打撃を受けました。顧客が自宅に閉じこもってしまったため、収益は前年比72%減となり、同社は従業員の4分の1を解雇しました。

しかし、最初の閉鎖が緩和されると、顧客がプラットフォームに戻ってきました。Airbnbは、お客様の旅行予約方法の変化をすぐに察知し、より重要なこととして、それを利用しました。

「Airbnbの共同創業者兼CEOであるブライアン・チェスキーは、次のように述べています。「元の状態に戻ると言っている企業は、人間の自然法則に反していると思います。「それは人間の本性に反することだと思います。

パンデミック後の旅行に関する調査は、チェスキー氏の洞察を裏付けるものです。MBO Partners社は、2020年の米国におけるデジタルノマドの数を、2019年の730万人に対して1090万人と推定しており、49%の増加となっています。また、最近のハリスの世論調査によると、すでにリモートワークをしているアメリカ人の74%が、長期間自宅以外の場所に住んで仕事をする「ワーケーション」を検討しています。

Airbnb社の調査も同様です。同社の最近の調査では、回答者の83%がリモートワークの一環として転居することに賛成しており、5人に1人がすでにパンデミック時に一時的または恒久的に生活環境を移しています。

2020年後半から2021年初頭にかけて、Airbnbでは、従来のホテルでは対応できなかった、人里離れた場所や長期滞在の予約が大幅に増加しました。実際、Airbnbでは過去1年間で、米国内のレビューで「リモートワーク」について言及している件数が3倍に増加しています。また、愛すべき猫や犬を放っておくわけにはいかないので、「ペット同伴可」のフィルターを使った検索が90%増加しています。また、アメリカでリモートワークをしている人の約半数(46%)が、リモートワーク先を探すためにAirbnbを利用したことがあると答えています。

専門家たちは、このトレンドが定着することを期待しています。リモートワークは、労働者にとってだけでなく、雇用者にとっても有益であることが証明されているからです。最近のIWG Workplace Studyでは、リモートワーカーの生産性はオフィスで働くワーカーよりも35%高いことが明らかになっており、85%の経営者は、リモートで働く人がいるほうがビジネスの生産性が高いと答えています。

その結果、Airbnbは、取引を目的とした旅行ビジネスから、継続的な生活サービスへと移行しつつあります。Airbnbはもはや個別の宿泊施設を予約することではなく、人々が生活し、働き、遊ぶための魅力的な環境を提供することを目的としています。

そのため、現在、Airbnbでは600万件以上の物件が毎月の宿泊を受け付けており、そのうち半数以上の物件が長期旅行のための割引を提供しています。Airbnbは、デジタルノマドが探している滞在先をより簡単に見つけられるようにも取り組んでいます。現在、Airbnbの物件を逃避行ではなく、自宅のように利用できる方法を紹介しています。「Airbnbを使えば、自宅で仕事をすることが、どんな家でも仕事ができるようになります」。

さらに今年初め、Airbnbは「これまでで最も包括的なアップデート」と称して、同社のウェブサイト、アプリ、ポリシーに100以上のアップグレードを行いました。これらの変更の多くは、パンデミック後の顧客の優先順位の変化を反映したものです。主な新機能のひとつに「I'm Flexible」というものがあります。これは、お客様を制限的な検索条件から解放し、柔軟な日付、場所、目的地でレンタルを探せるようにするものです。

しかし、世界中を飛び回るとなると、自分の家をどうするかという「ちょっとした」問題があります。この新しいリモートワークの世界では、たとえ給料が変わらなくても、「家」と呼べる場所を2つ用意する余裕はないでしょう。それが、Airbnbのもうひとつの利点です。Airbnbでは、自分の部屋の写真を撮って、サイトに掲載するだけでいいのです。もし、あなたが魅力的な都市や町に住んでいるなら、その取引でお金を稼ぐこともできます。

Airbnbを利用して長期滞在をしているのは、筋金入りのデジタルノマドだけではありません。世界中を飛び回ることを望まない現在の永久的なリモートワーカーの中には、移住して長期的なコミットメントをする前に、新しい地域や新しい都市を試すためにAirbnbを利用している人もいます。ラスベガスは、週末を過ごすのにはいいかもしれませんが、住むとなるとどうでしょう?できれば夏にAirbnbを予約して、実際にストレステストをしてみてはいかがでしょうか。

Airbnbは、「買う前に試してみる」というプログラムを作り、遠隔地の人材誘致プログラムと協力して、新しい都市を探索する人々にグッズやインセンティブを提供しています。例えば、オクラホマ州の都市に人材を誘致しようとしているTulsa Remote社と協力して、この地域を予約した人に150ドル分のAirbnbギフトカードを提供しました。

Airbnbのすべての取り組みは、チェスキー氏が旅行業界の変曲点と呼ぶ、旅行と生活の境界線が曖昧になってきている状況に対応するためのものです。「我々はその波に乗るつもりです」とチェスキーは語っています。

パンデミックの影響を受けた他の企業にとっては、Airbnbの改革ストーリーからいくつかの教訓を得る価値があるかもしれません。なぜなら、Airbnbはパンデミックの嵐が去るのをただ待つのではなく、休止期間を利用して、ゲストとホストの両方の顧客にさらに注意を払い、変化するニーズを満たす方法を、しばしばリアルタイムで考えたからです。

1年前には、Airbnbが成功するかどうかさえ疑問視されていましたが、彼らは再び業界のリーダーとして台頭してきました。

#SubscriptionEconomy
原文は、こちらのリンクよりご参照ください。​​​​​​​​​
0 comments
1 view