Blogs

Subscribed Weekly「サブスクリプションにとってフレンドリー詐欺が重要な理由」

By Terue Hirai posted 08-13-2021 22:38

  
Subscribed Weekly - 2021/8/7版より
パラヴィ・クッパ・アプテ
Chargehound社 最高執行責任者


サブスクリプションビジネスでは、支払に関して多くのことを把握しなければなりません。継続的な取引には、繰り返しの取引の承認、無料トライアルの設計、お客様のアカウント管理ツールの提供、失敗した支払いの回収、チャージバックなど、多くの複雑な問題があります。

通常、定額制サービスを提供する企業は、まず製品やサービスを販売し、その収益をうまく回収することを考えます。しかし、支払いが完了した後に発生するチャージバックや不正行為による収益の損失を想定していない場合が多いのです。


フレンドリー詐欺(本人不正利用)の基礎知識
チャージバックとは、お客様がマーチャントの返金プロセスを回避して、銀行に直接購入を異議申し立てした場合に発生します。この場合、取引からの収益は直ちにマーチャントから差し引かれ、チャージバックに勝って収益を回復するためには、取引の正当性を証明する証拠を提出する義務があります。

チャージバックは、カード所有者が被害者となるような真の犯罪行為の場合など、正当な理由で発生することがあります。しかし、チャージバックの70%は、「フレンドリー詐欺」または「チャージバック詐欺」と呼ばれるものが原因で発生しています。友好的詐欺とは、お客様が正当に取引をしたにもかかわらず、チャージバックを行うことです。お客様がこのような行為を行う理由は、忘れてしまった場合や、配送に手間取ってしまった場合、請求を認識していなかった場合など、さまざまです。あるいは、単に無料で何かを手に入れたいがために、本来は消費者保護であるはずの機能を利用しているのかもしれません。

いずれにしても、いったん紛争が開始されると、クレームに効果的に対処できない限り、マーチャントは正当な収益を失うリスクがあります。大企業や成長企業にとって、不正行為やチャージバックは財務的に大きな影響を与えます。

サブスクリプション・エコノミーにおけるチャージバックについて
サブスクリプション・ビジネスでは、お客様がキャンセルを忘れたり、無料トライアル後の支払いを望まなかったり、明細書の定期的な請求に気づかなかったりするため、フレンドリー・スキャニングの被害を受けやすいと言えます。場合によっては、お客様が購入明細の細かい文字を読んでいなかったり、1回限りの購入ではなく定期購入のオプションにチェックを入れたことに気づかなかったりすることもあります。

このようなチャージバックは、販売時点では正規の購入のように見えるため、ほとんど防ぐことができません。チャージバックが発生して初めて、マーチャントはフレンドリーな詐欺が発生したことに気づくのです。

eコマースへの移行が加速している中、フレンドリー詐欺の機会はオンライン取引と並行して拡大しています。食料品、ファッション、ストリーミングやその他のデジタルサービスなど、あらゆる種類のサブスクリプションビジネスが急速に成長しています。そのため、定期収益に依存している加盟店は、チャージバックに対抗し、勝ち取るためのスケーラブルで効果的なプロセスを導入することが不可欠です。当社のデータによると、第3四半期および第4四半期における加盟店のチャージバックの全体的な勝率は、2020年には2019年よりも18%高くなっています。つまり、紛争に100%効果的に対処することができる加盟店にとっては、収益回復の機会がこれまで以上に大きくなるということです。

フレンドリー詐欺ドに対抗するための数字を把握する
サブスクリプション・ビジネスは、フレンドリー詐欺によるチャージバックの影響を受けやすいかもしれませんが、これらの紛争に勝ち、収集した収益を守るために必要なデータや証拠を備えています。多くのサブスクリプション・ビジネスは、顧客との関係を築き、請求方針を伝え、商品やサービスを提供するために努力しています。つまり、紛争が発生した場合、マーチャントは提出すべき多くの証拠を持っています。紛争が発生していない料金の取引履歴、返金やキャンセルのプロセス、商品やサービスを提供した証拠などは、すべて紛争対応を成功させるための重要な要素です。

しかし、効果的な対応策を講じることは、戦いの半分に過ぎません。サブスクリプションマーチャントが損失から保護されるためには、これらの対応策を紛争件数全体に活用することが必要です。手作業によるチャージバック対策はコストがかかります。説得力のある異議申立書を作成するためにすべての証拠を集めるのは、手作業では時間と労力がかかります。また、手動のプロセスは、ビジネスの成長や季節の変動に対応できません。テクノロジーパートナーシップと自動化に投資することで、サブスクリプションマーチャントは、コストを増大させることなく、フレンドリーな不正行為に100%対応し、最大限の収益を回収する、スケーラブルでパフォーマンスの高いチャージバックプロセスを実現することができます。

どのようなビジネスにおいても、サブスクリプション課金モデルは成長の鍵となり得ますが、チャージバックや不正行為の危険性が高まることにも注意が必要です。収益を最大化し、順調に成長していくためには、フレンドリー・フリクションとスケーラブルな紛争処理を全体的な決済戦略の一部として組み込むことが必要です。

#SubscriptionEconomy
原文は、こちらのリンクよりご参照ください。​​​​​​​​​
0 comments
3 views