Blogs

Subscribed Weekly「サステイナブル・ファッション:循環型経済とサブスクリプション・エコノミーの融合」

By Terue Hirai posted 07-30-2021 17:30

  
Subscribed Weekly - 2021/7/24版より
エイミーコナリー
The Subscribed Institute会長

ファッション業界は、世界で最も大きな汚染者のひとつとして知られています。マッキンゼー・アンド・カンパニーによると、この業界は2018年に約21億トンの温室効果ガス(GHG)を排出しており、これは世界全体の約4%にあたります。これは、フランス、ドイツ、イギリスの経済全体を合わせた年間の温室効果ガス排出量とほぼ同じ量です。

意識の高い消費者や環境保護活動家からの圧力が高まる中、業界はより持続可能な事業運営を目指しています。その中でも特に注目を集めているのが、「循環型経済」の原則に基づいて事業を再構築するというアプローチです(メディアにも取り上げられています)。

エレン・マッカーサー財団は、サーキュラー・エコノミーを「経済活動を限りある資源の消費から徐々に切り離し、廃棄物をシステムから排除すること」と説明しています。サーキュラー・エコノミーでは、経済活動がシステム全体の健全性を継続的に構築・再構築します。循環型経済とは、直線的な経済活動による悪影響を軽減するための調整を行うだけではありません。むしろ、「長期的なレジリエンスを構築し、ビジネスと経済の機会を生み出し、環境と社会に利益をもたらす」、より広範なシステムの変化なのです。

サーキュラー・エコノミーは、モノの生産方法を再考し、再定義するための素晴らしい方法であることは間違いありませんが、それを実現するための適切なビジネスモデルとはどのようなものでしょうか。その答えは、サブスクリプションや会員制のビジネスモデルであると考えています。その理由を説明しましょう。

「所有」から「利用」へ
モノを所有することから利用へと世界が移行するにつれ、サブスクリプションモデルはお客様と企業の両方に好まれるモデルとなってきています。

レント・ザ・ランウェイの共同設立者であり、最高経営責任者であるジェニファー・ハイマンは、「ファッションの世界は神話の上に成り立っている」と言います。「ファッションの世界は神話の上に成り立っています。私が言いたいのは、所有することへの誇りは死んで、アクセスすることへの誇りが新しい贅沢だということです」。

レント・ザ・ランウェイや「Trunk Club」などのサブスクリプション・ファッション・ブランドの成功は、サブスクリプション・クロージングのトレンドが高まっていることを証明しています。

長期的な関係を重視する
サブスクリプションエコノミーの主な差別化要因の1つは、長期的な顧客関係を重視していることです。サブスクリプション・エコノミーの中心となるのはお客様であり、商品・サービスの開発から将来の資金計画に至るまで、ビジネスのあらゆる側面に影響を与えます。

サーキュラー・エコノミーがファッションをはじめとするあらゆる産業で真に成功するためには、製品の開発段階と使用後の段階の両方で、消費者の積極的な参加が必要です。サブスクリプション・ビジネスモデルほど、定期的なチェックインとお客様の積極的な参加を保証するビジネスモデルは他にありません。

サブスクリプション体験
サブスクリプション・エコノミーで成功するには、お客様や見込み客にどのような継続的な体験を提供できるかが大きく影響します。これは、ファーストタッチから更新やアップセルに至るまで、サービスの提供や支払いなどの定期的なタッチポイントを含みます。

ファッション業界がサーキュラー・エコノミーの原則を遵守するためには、お客様に納得していただき、新しい行動をとっていただく必要があります。定期的なタッチポイントと継続的な関係性を持つサブスクリプション・ビジネスモデルは、この変化をサポートするのに最適です。

マッキンゼー・アンド・カンパニーのシニア・パートナーであるカール・ヘンドリック・マグナス氏は、次のように述べています。「循環型ビジネスモデルの真価を発揮するのは、循環型の消費者体験です。いくつかのブランドが、自分の衣服を循環サイクルに戻すための素晴らしい方法を可能にしてくれれば、例えば、衣服を店に持ち帰る必要はなく、手間をかけずに玄関先で受け取ることができます。また、ブランドがあなたのワードローブにあるものを実際に把握し、それに入札を行い、循環サイクルに戻すのに最適なものをリマインダーとして送ってくれれば、その体験は非常に快適なものとなり、消費者の大量参加が実現するでしょう」。

実際のところ、今後のビジネスの成長はサブスクリプションにあると言えます。最新のSubscription Economy Indexによると、第2四半期にS&P500社の売上が年率-10%で縮小したのに対し、サブスクリプションビジネスは12%の割合で拡大しています。

ファッション業界が時代に取り残されたくないのであれば、二酸化炭素排出量を削減する革新的な方法を見つけ出し、それを縦割りではなく、お客様と一緒に行う必要があります。そのためには、顧客との長期的な関係を育み、持続的な成長を可能にする新しいビジネスモデルやオペレーションモデルを採用する必要があります。

マッキンゼー・アンド・カンパニーが予測しているように、「将来の大きな勝者は、サーキュラリティとデジタル化を同時に取り入れることができるファッション・プレイヤーであろう」。将来の勝者は、顧客のために問題を解決し、顧客との長期的な関係を築くことができる企業、つまり、単なる製品ではなく、ソリューションやサービスを提供する企業となるでしょう。"


#SubscriptionEconomy
原文は、こちらのリンクよりご参照ください。​​​​​​​​​
​​​​


0 comments
3 views